2011.06.05 16:41

別ブログと同じ内容でシツレイします

6/1の東京新聞に載っていたおハナシ。
ご存じの方も多いと思うけど、私は初めて知りました
ちょっとご紹介したいと思います。

世界遺産に登録濃厚な小笠原諸島。
自然豊かで希少な動植物が暮らす南海の楽園。

そこに野鳥を食い荒らす野ネコがいた。かつて心ない人間がペットとして飼っていたものを放したネコ達が野生化したものだった。

小笠原自然文化研究所では野ネコの駆除を検討し、安楽死の方法を東京都獣医師会の小松医師に問い合わせた。

センサーカメラを仕掛けると、カツオドリを襲う茶トラのネコが写っていた。
マイケルくん01
6/1東京新聞より


そしてワナを仕掛け、茶トラネコを捕獲。
そこで小松医師は考えた。
獣医師の立場から、殺処分ではなくネコを引き取って慣らそうと。

マイケルと名付けられた茶トラネコは、小松医師の動物病院で飼われ、やがて人に慣れて、3ヶ月ほどで抱っこできるようになった。

マイケルと同時に他の動物病院に引き取られた野ネコ3匹も人に慣れた。

この取り組みは東京都獣医師会の正式な事業となり、現在まで5年間で217匹の野ネコが本土の里親のもとで暮らしている。
この成功は世界的にも異例だそうな。

現在のマイケルくん
マイケルくん02
6/1東京新聞より

ぷっくりとしたお顔、そしてお腹
表情もやさしくカワイイニャンコになっているね


小松医師は「ネコと人は4000年も一緒に暮らしてきた歴史がある」と信じてマイケルを引き取った。
獣医さんだから当然かも知れないけれど、そういう気持ちの方が取り組んでくれて本当によかったと思います。

いい話ですよね♪

ちょっと前の、別の新聞記事ですが、過去記事を見つけました。
↓↓↓
小笠原ニュース : 小笠原の「野ネコ」東京生活

マイケルくんの話は絵本にもなっています。
↓↓↓
絵本「島ネコ マイケルの大引っ越し」

11060501

そうだよね、4000年の歴史があるんだもんね

スポンサーサイト

タグ :

テーマ : 動物・植物 - 生き物のニュース - ジャンル : ニュース

| | コメント(4) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

こんばんは。

マイケルくん、とってもかわいいニャンコだわね(*^-^)
ほんとうに表情がやさしい♪
獣医さんの取り組み…
いいお話を伺かがって
気持ちがあたたかくなりました('-'*)
猫と人間は仲良くなれますよね~♪
ね、ユズ王子(*^_^*)

今日も外猫さんたちに会ってきました。
梅雨時は、ごはんの確保に苦労している模様。。。
猫缶あげたら、すっごく喜んでました(〃∇〃)

| hinata | URL | 2011.06.05 22:22 |

ペットだった猫ちゃんがこんなふうに野生化されちゃうなんて・・・人間の責任ですね(><)

またまたブラウザのお話。
Firefoxを使ってみたんですが・・・やっぱりスレイプニルに戻しちゃいました(^^;)
ゆずさんに教えて下さったNewsFoxはとっても良かったのに、
Firefoxはフラッシュを起動するとものすごい重い&遅いになっちゃって、メモリをどんどん食っているカンジなので、あきらめてしまいました。。。(><)

| サプリ | URL | 2011.06.06 08:48 |

いかにして人に馴らすかですよね。
動物なんですから、共存できれば無駄に命を奪わずに済むのだから
世界でも同じようにすればいいのにね。

| foretto | URL | 2011.06.06 09:09 |

すごいですね~。
マイケル君、ほんと野生の時とは顔つきがかわったような・・(^^;
でもちょっと太り過ぎかな?w

| もも | URL | 2011.06.07 23:14 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ